放射線科

概要

放射線科は、放射線技師6名、看護師1名、事務2名で対応しており、夜間/休日は、技師1名が当直していますので24時間の対応が可能です。
常に心がけている事は「患者さまの有益になる診断画像の提供」と「解りやすい言葉で検査の内容を説明すること」です。検査のことで不明なことや、被爆に関する質問がありましたら、ご遠慮無くご相談ください。

ヨード系造影剤について

ヨード系造影剤について

お願い:紹介患者さまの画像データーは、(ダイコムデーター)CDにてご持参頂きますようお願い申し上げます

設備

全身ヘリカルCT GE Revolution EVO 64列 GE Revolution EVO 64列の導入により、撮影スピードが速くなり息止めの時間が短くなりました。
また、冠動脈CTの検査も行えるようになりました。※冠動脈CTとは
マルチスライスCT処理を用いて心臓を撮影し、結果をコンピューター処理後に冠動脈部分の画像を再構築する方法です、
外来における狭心症判定のための有力な検査となってきています。
画像処理ワークステーション GE AW
AZE VirtualRlace
頭部や腹部の血管3Dなどの画像処理専用システム
冠動脈の解析や3D画像作成
アンギオ装置 フィリップス
Integris Allura
血管撮影
心臓検査、ペースメーカー埋め込み等に対応しています。
X線テレビ(DR) 東芝
Winscope4000
デジタル処理による、消化管検査及び外科治療を行います。アンギオ(DSA)対応
一般撮影(2室)
CR装置
日立製
富士メディカル
Speedia-CS
CR(デジタル画像)にて適切な画像を作り出しています。
ポータブル装置 日立製(2台) 病棟撮影用
手術室専用に一台
外科用イメージ シーメンス
コンパクトL
整形外科の手術で透視が必要のとき使います。
骨塩定量測定装置 日立アロカ
DCS-900FX
DEXA法による腰椎、大腿測定法で骨塩定量の測定を致します。
医療画像システム
「PACS」
富士フィルム
シナプス
放射線科検査後、画像データーをネットワークにて配信し、画像をモニターで見るシステムです。
フィルムレスにすることで過去のフィルムを探したり、搬送することがなくなります。また他院に紹介する場合も画像データーを電子媒体(CD-R)にしてお渡し致します。
GE CT HP用
CT3 sousaHP用jpg

医師紹介