人を対象とする医学系研究への協力のお願い(包括同意説明文書)

お願いの概要

さいたま記念病院では、あなたの診療に際して実施された検査で余った体液や組織、手術などで摘出された組織の一部、それらに付随する診療情報を補完し、将来、あなたの病気に関連した臨床研究に利用させていただきたいと考えております。これらの提供は自由意志によりますが、原則として不参加の意思表示がない場合は、同意をいただいたものとみなして研究に使用させていただきます。

臨床研究とは

臨床研究とは、より良い診断や治療のために、医学的なデータを得る様々な研究のことです。これらの研究を実施するにあたっては、「ヘルシンキ宣言」や「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に従って行われます。研究で得られた結果は、すぐにあなたの診療に役立つことはないかもしれませんが、今後の医療の発展に寄与することで、患者様の診療に役立たせていただきます。

利用される検体と診療情報

検体とは、血液、尿、髄液、穿刺液、生検組織、手術組織などをいいます。
診療情報とは、診療録、検査記録、画像記録などをいいます。
これらの情報には、あなたの性別や年齢、病名などが含まれますが、氏名や住所などは除かれ、個人を特定する情報が他の人に知られることの無いよう、厳重に保管します。

同意の自由と撤回の自由

臨床研究への協力については、あなたの自由な意思でお決め下さい。同意されない場合でも、同意された場合と同じように診療を受けることができます。また、いつでも同意を取り消すことができます。この場合であっても、何ら不利益を受けることはありません。

具体的な臨床研究の審査と情報の公開

ご提供いただいた検体や診療情報を使用する臨床研究が具体的に計画された場合は、 当院の倫理委員会において実施の可否が審査され、承認された場合にのみ研究が実施されます。この場合、具体的な研究内容についての情報は、当院のホームページ(http://www.saitamakinen-h.or.jp/)に公開し、個々の臨床研究については可能な限り再度、ご同意を頂いたうえで使用させていただきます。
利用を望まれない患者様は、その旨、お問い合わせ、相談窓口までご連絡をお願いします。

検体の管理・補完および廃棄

ご提供いただいた検体には一部、当院で保管・管理する場合があります。検体を廃棄する場合は、関係法令に従って適正に廃棄処理いたします。なお、臨床研究への同意への取り消しの申し出があった場合は、速やかに廃棄処理いたします。

研究結果の公表

あなたの協力により得られた研究の成果は、学会発表や学術誌へ論文で公開されることがあります。

お問い合わせ、およびご相談窓口

研究協力についてのご質問、お問い合わせは下記までご連絡ください

さいたま記念病院
住所:〒337-0012 埼玉県さいたま市見沼区東宮下西196
電話:048-686-3111(代表)
担当:総務課、または医療相談室

2017/4/1 さいたま記念病院 院長