整形外科

取り扱う病気

外来では、打撲・捻挫等の外傷や骨粗鬆症、その他の運動器の痛み・痺れに対する治療を行っております。

入院手術は、一般的な骨折に加え常勤医の専門である脊椎疾患の手術や非常勤医の専門である膝全般の手術を行っております。

 

代表的な背骨の病気

腰椎疾患

 坐骨神経痛とは一般的に下肢の痛み、痺れ、重だるさなどの症状のことです。

正確な医学用語ではありませんが、昔から使われている言葉です。この痛みは腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどによっておこります。当院ではFESSを中心とした低侵襲な手術から固定術まで幅広い手術を行っております。脊椎内視鏡手術に関しては埼玉県外でも限られた病院でしか行われておらず、その中でも脊椎内視鏡下手術・技術認定医がいる施設をお勧めしています。なお、FESSに関しては令和4年4月の時点で埼玉県の常勤医で唯一の、日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医(3種─経皮的内視鏡下脊椎手技)の油井が執刀させて頂きます。

※日本整形外科学会脊椎内視鏡下手術・技術認定医(3種─経皮的内視鏡下脊椎手技)
全国で40名しか取得されていない資格です。全国で日本整形外科学会専門医が20966人いる中で日本脊椎脊髄外科学会指導医が1679人います。そしてその指導医のみが申請を許されています。FESSに関するトレーニングや一定の症例数、学会発表を経験した後でビデオ審査で合格した人に与えられる資格です。(令和44月現在)


 

脊椎圧迫骨折

ご高齢の骨折で1番頻度が多いのが脊椎圧迫骨折です。つまり、背骨の骨折です。70代以上の明らかな怪我のない動いた時に起こる急激な腰痛は、まずこの骨折を動かなく疑います。またご高齢の背骨の骨折は骨粗鬆症由来のことが多いです。これに対して基本的にはコルセット着用で経過をみますが、近年経皮的椎体形成術という手技が発達してきています。

当院で脊椎圧迫骨折で入院された患者さんに関してメリットデメリットをお話した上で適応があり希望された場合に行っております。

 

頚椎疾患

上肢の痛み・痺れや細かい作業が辛くなってきた、下肢への痺れや痛みがないのに何となくふらついてきた等の症状が出現します。これらは頚椎症性脊髄症や頚椎椎間板ヘルニアによって起こります。

 

※その他、脊椎の病気は多岐に渡ります。上記の病名は脊椎の病気で頻度の高いものです。

※金銭的なことに関しては高額療養費制度が適応になることもあるため、当院事務にご相談下さい。

外来担当医

 

曜日
時間帯 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
整形外科 油井 - 冨塚 冨塚 菊地 菊地 油井 油井脊椎外来(完全予約) 岩澤 岩澤 担当医(週で変更) -

※基本、木曜日の午後以外のご予約は不要となりますが、かかりつけの患者様で診察の予約を入れている場合もございます。当日のご状況・ご予約枠の上限により診察をお受けできない場合もございます。ご了承下さい。

医師紹介

画像がありません。

整形外科

油井 充(ゆい みつる)

認定・資格

  • 厚生労働省臨床研修指導医
  • 整形外科専門医(日本整形外科学会)
  • 脊椎脊髄病医(日本整形外科学会)
  • 脊椎脊髄外科指導医(日本脊椎脊髄病学会)
  • 脊椎脊髄外科専門医(日本専門医機構)
  • 脊椎内視鏡下手術・技術認定医(3種・経皮的内視鏡下脊椎手技) (日本整形外科学会)

略歴

平成18年 日本大学医学部医学科 卒業
平成18年 伊東市民病院 初期研修医
平成20年 東京女子医科大学病院
平成21年 蓮田病院
平成22年 東京女子医科大学東医療センター
平成23年 第三北品川病院
平成24年 東京女子医科大学八千代医療センター
平成25年 東京女子医科大学病院
平成26年 済生会栗橋病院
平成28年 東京女子医科大学病院
平成31年 さいたま記念病院

先生から一言

閉じる