セカンドオピニオン外来

担当医師


院長・総合診療科(外科)永井秀雄
1973年東京大学医学部卒業、1978年東京大学医学部第1外科入局、1986年医学博士、1986-1987年西ドイツ・ヴュルツブルク大学留学、1991年自治医科大学消化器一般外科助教授、1999年自治医科大学消化器一般外科主任教授、2004年自治医科大学附属病院副院長、2007年茨城県立中央病院院長、2014年自治医科大学名誉教授、2015年茨城県立中央病院名誉院長、2019年さいたま記念病院院長

日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本膵臓学会認定指導医、日本人間ドック学会健診情報管理指導士、インフェクションコントロールドクター

内容

当院以外の医療機関で十分な病状説明を受けているかたに対して、現在の主治医からの医療情報をもとに診断内容や治療方法などについて助言をおこなう外来です。
このセカンドオピニオン外来で相談のあと、今後の診療方針を現在の主治医と一緒になって決める際に参考となるよう「第二の意見」を提供することを目的としています。
セカンドオピニオン外来では新たな検査や治療をおこなうことはありませんので、現在の主治医からの診療情報提供書(紹介状および検査・画像などの詳細な資料)が必要となります。
担当する医師の専門性を考えて、主にがん診療についてのセカンドオピニオンを提供します。担当医の知識と経験だけでなく、豊富な人脈を生かして院内外の専門医からの情報も集め、総合的な観点からセカンドオピニオンを示します。
単に示すだけでなく、その内容についても丁寧に説明します。がん以外でもできる限り同様の手法で対応したいと思いますが、疾患や状況などによってはご相談をお断りすることがありますのでご了承ください。

相談者となる方

・成年患者ご本人
・成年患者ご本人の同意を得たご家族(やむを得ない事情によりご本人が来院できない場合に限ります)

相談対象外となる場合:
・紹介状と詳細な資料がご用意いただけない場合
・担当する医師の能力を超えた相談であると判断した場合
・不満、苦情、医療過誤、訴訟、医療費などに関する相談
・亡くなられたかたに関する相談

相談日時

完全予約制です。あらかじめ予約専用ダイヤル(080-4111-1267)または外来受付で申し込んでください。
調整のうえできるだけ早い日時を予約させていただきます。

費用

全額自費です。健康保険は適用されませんのでご了承ください。
面談時間が1時間まで20,000円、以後30分ごとに10,000円です。
なお紹介状や資料を読み込む時間は面談時間に含まれません。

そのほかの注意点

・相談中の録音・録画はご遠慮ください。メモを取るのはかまいません。
・相談内容によっては最終の意見を当日ではなく後日書面でお伝えする場合があります。その場合の費用は特に発生しません。
・相談結果に不満がある場合でも費用の返済はしませんのでご了承ください。