リハビリテーション科

作業療法室 OT(Occupational Therapy)

作業療法とは、運動機能障害や高次脳機能障害(記憶障害や注意障害等)を持った方が今後生活していく為の問題を評価し、いろいろな作業活動を用いて練習を行います。また、残された機能を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰を目指した練習を行います。

当院の作業療法では、 作業療法室での機能練習の他に、病棟で実際の生活場面に沿った練習を行います。 病棟の練習では、日常生活動作(食事、排泄、更衣、整容、入浴など)の練習を理学療法士や言語聴覚士、病棟スタッフと協力して行います。
作業療法では身体的な練習だけでなく、高次脳機能障害に対しても評価・練習します。

また、退院後の生活を考慮した家事動作の練習や趣味活動なども行います。

その他、退院時には必要に応じて患者さんのご自宅に伺い、介助方法や家屋改修などの問題にも対応します。
個別の練習の他に、意欲の改善、体力の向上、社会適応能力の再獲得等のため、回想、園芸、スポーツなど様々な集団療法を行っています。



作業療法士(OT):12名(うち回復期病棟専従5名、訪問リハ担当1名)2017年4月更新
生活動作練習の場面
片手での調理実習
畳上での立ちしゃがみ練習の場面
機械的電気刺激を用いた上肢機能練習
手芸作品
作業活動
園芸グループ
スポーツグループ
階層グループ
夕方の会